Twitter Weekly Updates for 2016-01-24

  • 雪から雨へ。まだ夜みたい。 https://t.co/8FgllAMeBY 06:48:19, 2016-01-18
  • やっぱな。 https://t.co/PNWbxoAKVQ 大手新聞社がスキーバス事故の犠牲者の写真をSNSから転載、非難の声が殺到中 -INTERNET Watch 14:41:43, 2016-01-18
  • 昨日急に発熱しピーク・レヴェルで38.7を記録したが、熱に浮かされながらカレーを作ったおかげで、けさは平熱。いや、熱さましも飲んだには飲んだけど、あれって対処療法なだけだから、治癒促進したのはカレーのおかげだと信じて疑わない。 19:59:54, 2016-01-18
  • コートのポケットに手袋を入れっぱなしにしたままクリーニングに出したら、ポケットに入ったまま手袋もクリーニングされて戻ってきた。これはこれでトクしたと思うべきだろうか。 20:57:30, 2016-01-18
  • RT @jaguardes: ◎もうすぐ始まるゼ??!
    今夜、1月18日(月曜日)夜23時59分?放送
    日本テレビ系「月曜から夜ふかし」
    マツコデラックスの番組に
    JAGUARが出演しますヨォ??! https://t.co/xzBD7ayse3 22:31:04, 2016-01-18
  • 利用条件やプラバシポリシから読んでしまった。 https://t.co/AqEI4OOc89 22:40:06, 2016-01-18
  • うっすら晴れ。 https://t.co/07mAoKaO3N 06:47:57, 2016-01-19
  • カレーで撃退したと思われたのは咽頭炎ではなくインフルエンザA型であることが発覚。ほとんど治ってしまっているが自宅謹慎。これ、医者に検査させられなかったら、ただの風邪で終わってたな。 10:23:54, 2016-01-19
  • 平沢さんのインタビュー(中国版『「千年女優」への道』より): ハルディン倶楽部〜HALDYN CLUB〜 https://t.co/HF8xmJgdPS 10:25:20, 2016-01-19
  • インフルエンザを特別視するもろもろには甚だ疑問なのだが、良識に従って蟄居する。 10:28:12, 2016-01-19
  • そういえば、医師には「インフルエンザは法定伝染病ではないので、学校には規定はありますが、法的規制はありません。社会人は自己判断もしくは社内規定で対応してください」と言われた。やっぱりなにかの陰謀ではないのか。 14:58:55, 2016-01-19
  • グレン・フライも逝ったのか。 15:04:09, 2016-01-19
  • 10日前に注文したお得なDVDセット(4枚組10ポンド)が届いた。ボウイのピアノ弾き語り「Oh! You Pretty Things」 なんかも入ってるし、1枚はまるごとニュー・ウェイヴ。 https://t.co/xJTO3bGMUM 20:53:40, 2016-01-19
  • トーク・ライヴのネタ探しで見つけたもので。Vol.3までのセットだけど4枚組とややこしい。 https://t.co/bCMVrnIQ5i The Old Grey Whistle Test (The Definitive Collection) at Discogs 20:56:20, 2016-01-19
  • にしても、いつもながら日本のAmazonの過剰包装とは対極的に欧米のAmazonの梱包は貧相。CDもDVDもぜんぶパッケージが潰れてた。 20:58:36, 2016-01-19
  • にしても、こいつとT.REX全集が臨時休業時に届くとはいいタイミング。謀ったな。 21:11:11, 2016-01-19
  • しかし、臨時休業とか言いつつ、こっそりフル稼働してしまった。ワーカホリックではないはずなのだが。むしろ怠け者なのだが。単にインフルエンザに対して負けず嫌いなのか。とりあえず1日で自然治癒したことにしておく。 21:21:43, 2016-01-19
  • 初期トーキング・ヘッズ(デヴィッド・バーン)は、むっちりしたチノパンツにポロシャツなんか着てぜんぜんファッショナブルではない。とか1曲づつ中継しないです。 21:35:39, 2016-01-19
  • DVD化されてる The Old Grey Whistle Test ってもとはBBCのライヴ番組なんだけど、ジャパンの回はノーカットの映像がYoutubeに上がってたりする。坂本龍一がゲストなんだけど、ほとんど映らないギターは誰なんだろ。土屋昌巳に見えない。 23:20:04, 2016-01-19
  • 雲渦巻きつつ晴れ。 https://t.co/g5YGAuY8w9 08:08:27, 2016-01-20
  • これ、90年代だったかにシリーウォークから表記に関するお願いがリリースされる前は、カタカナ表記のほうがふつうだったんだよね。当時、ラルクとか電気グルーヴとかからも表記基準が示されたけど、ラルクは全角チルダ問題があってややこしかった。 https://t.co/iWBfVZXuTG 08:14:33, 2016-01-20
  • さすが。 RT @tangerine_2009: @takasiko この時期だとDavid Rhodesですね。Peter Gabrielバンドのギタリストでヴァージン・レーベルと関係が深かったからだと。一昨年ケイト・ブッシュのバックで見ました。土屋昌巳加入前のライブは珍しくて 08:15:16, 2016-01-20
  • 当時の電気グルーヴのマネジメントからのリリースでは、正式表記は「電気グルーヴ」「DENKI GROOVE(英文の場合)」で、誤記例として「電気グルーブ」「電気GROOVE」などが記載されてたと記憶。実際、日英混合表記はよく見受けられた。 08:18:47, 2016-01-20
  • エドガー・ウィンターこそは世界初のショルキー(背負うキイボード)だろうか。 22:48:41, 2016-01-20
  • ひさびさ靄もなく筑波山頂まで。大寒。 https://t.co/UdQB3uQCvG 08:08:03, 2016-01-21
  • 息子さんのキャラが諸星大二郎自身のエッセイ・マンガみたいなだぁ。 https://t.co/eeYpbbma77 【田中圭一のペンと箸―漫画家の好物ー】第17話:諸星大二郎と吉祥寺のタイ料理 13:53:23, 2016-01-21
  • RT @tsugeju: 諸星さんの臨時アシやった事あります。30数年前。背景はもちろん無理でベタとか消しゴム。一カ所だけスクリーントーン削ったのが自慢。 https://t.co/nuUh925u6N 13:55:03, 2016-01-21
  • あのCMは放送当時、アレ系の人間の間ではすぐさま話題になったんだよな。正体がバレた(バラした)のはちょっとあとだったのだけど。「はっ」はバレたくて言ってるとしか思えない。 22:24:43, 2016-01-21
  • 森村誠一サスペンスかな。再放送やってたけど、録り逃しました。 RT @losthouse2551: 確かあの頃テレビでやってたサスペンス・ドラマをぼーっと見てたら、最後のクレジットで「音楽:平沢進」と出て来てたまげた記憶がある。ああいうの今誰かネットに上げてたりするのかしら。 22:40:01, 2016-01-21
  • .@losthouse2551 ちゃんとドラマの データベースに載ってますね。 https://t.co/J0YHbunIMn in reply to losthouse2551 22:46:20, 2016-01-21
  • 空はだんだん晴れ。 https://t.co/Svv8yxRBo9 08:27:43, 2016-01-22
  • あらー。 RT @jptechcrunch: IBM、Ustreamを買収を確認―エンタープライズ向けクラウド・ビデオ事業部を新設 https://t.co/Im74eVVgWM https://t.co/MstGQiZWxJ 10:27:54, 2016-01-22
  • 業務用っぽいデザインから女子ウケするデザインに変わって落ち着かない。しかも「トミーズ」って…。 https://t.co/6MyxX7TQld お菓子作り・パン作りならTOMIZ/トミーズ(富澤商店)通販サイト 10:30:22, 2016-01-22
  • 97%十三夜、冬の大3角。 https://t.co/fCK8D0nCGB 19:52:32, 2016-01-22
  • 竹熊さんがスタパに見える(笑)。 https://t.co/KwaPH3x9cL 19:56:44, 2016-01-22
  • Teen Riot Structure♪ 20:00:18, 2016-01-22
  • tweetで教えてもらった『ザ・プレステージ』を観た。テスラ・コイルのスパークの向こうから現れるボウイは確かにカッコいい。平沢さんもテスラのポーズを真似てコイルの横で読書ポーズの写真を撮ったっけ。わかりやすい解説(テスラは後半)→ https://t.co/mOgwvmTaQ4 20:34:27, 2016-01-22
  • 先行予約とかってやってるようですよ。 https://t.co/m2nltO8Hob LIVE | minus(-) 21:01:17, 2016-01-22
  • 『ザ・プレステージ』はNetflixの無料体験で観たのだけど、Silverlightとか機種依存のゴミ技術に依存してなくて清々しいですね。課金システムの問題か、Silverlightってなんかドメスティックなサーヴィスで使ってるとこが多い気がするな。 21:11:04, 2016-01-22
  • 『音楽産業廃棄物』にはSRに流用されたのはmizunoって記載されてるけど、こっちが間違ってる可能性もあるわね。 22:46:23, 2016-01-22
  • また雪、かな。 https://t.co/fFVdusEuFk 07:09:11, 2016-01-23
  • 月曜かと思ったら土曜だった。 20:31:03, 2016-01-23
  • 2016/01/24 06:33:24頃、千葉県東方沖の深さ10kmでM5.8の地震が発生しました。予想される最大震度は震度3です。 https://t.co/xVWxY2KBz5 #NamazuAlert 06:34:38, 2016-01-24
  • 雪にはならず望。 https://t.co/Zh0HTDzziP 07:23:43, 2016-01-24
  • 調子に乗って超厚焼きパン・ケーキを作ったら中心部が半熟卵状にレアだった。 09:36:28, 2016-01-24
  • しかし、熱は通っているので不思議と不味くはなかった。 09:38:41, 2016-01-24
  • 隣席の営業マンっぽい男がレッツノートで営業不振継続店レポートなるものを車内で一所懸命作成している日曜の朝。 09:45:22, 2016-01-24
  • 『めぞん一刻』かと思った…ということはさておき、そこまでTVドラマに感情移入できるのがすごい、若いのに。 https://t.co/Gj1nHqLaDm 14:53:01, 2016-01-24
  • 寒いが碧い。 https://t.co/RKsAznxgFz 14:59:14, 2016-01-24
  • 冬の大3角、100%望。 https://t.co/olzJXbKNQs 22:13:00, 2016-01-24
  • とっくに終わってた。 https://t.co/s3ih7YZwGl 写真家・鋤田正義が明かす、デビッド・ボウイの素顔?TOKYO FMサンデースペシャル『David Bowie?宇宙(そら)に還ったロックスター』 22:34:08, 2016-01-24
  • 小学生の「山があるのに山梨県」「滑って転んで大分県」というアレですか。 RT @zunkoro: 寒くないのにサムイ島。 https://t.co/XZrYNQ1ZhS 23:04:38, 2016-01-24
  • T.Rexは表記の揺れが激しいのでリッピング時のデータベースからの自動入力は要注意。「T.Rex」「T-Rex」「R・Rex」「T. (スペース)Rex」など。英語に中黒はないと思うのだが、ジャケットでは確かにそう見えたりする。 23:10:03, 2016-01-24
  • あと時期によって「Marc Bolan & T.Rex」だったり「Tyrannosaurus Rex」だったり。めんどくさい。 23:10:48, 2016-01-24

Twitter Weekly Updates for 2016-01-17

  • 薄く雲がたなびきつつ晴れて週明け。 https://t.co/IQftjnhibi 07:31:36, 2016-01-11
  • え!!!! 18:17:32, 2016-01-11
  • 仕事に逃避。 19:28:41, 2016-01-11
  • そそくさと仕事を終えて外気に触れたとたん情動失禁を起こしそうになったがぐっとこらえて、いまはなんだか腹立たしい。ステージで殺されたいって言ったくせに癌なんかに殺されてるんじゃないよ。なんだよ。 21:08:57, 2016-01-11
  • 黒い紙に文字はスミ100でニスびきかなんかのジャケットはカッコいいけど、喪章みたいだなと思ったらそういうことだったのか。なんだよまったく。もしかして前作からわかってたのか。 21:12:28, 2016-01-11
  • ふとタイムラインを見やると、まさか平沢さんからストレイトなメッセージ。びっくり。まあ「あの話」ではあるが。 21:36:06, 2016-01-11
  • ちょうど純ロック・ジャパンのCM撮りで来日中だったのだね(親切な解説)。 21:37:19, 2016-01-11
  • 気が抜けるわ。たいへんいい意味で。 21:37:56, 2016-01-11
  • 死をシリアスに捉えるなんてまだまだでしたね。 21:38:32, 2016-01-11
  • 「120歳を超えてただきとうございました」というのは、その通りで、いつまでもお元気でとかそういう意味ではなく、誰よりも若くして死ぬことを自他ともに望んだ(望まれた)であろうからこそ、生き延びてほしっかったのだな。 21:45:13, 2016-01-11
  • 平沢さんのおかげで正気に戻ってカレーを温めなおしている。 21:57:18, 2016-01-11
  • きょうは、えらい本気のtweetだったなぁ。さすが「1984」つながりだ。 22:12:03, 2016-01-11
  • タイムラインを見やるとわからないひともいるようだから親切な(おせっかい)なs説明をするとP-MODEL1stや2ndアルバム、核P-MODELのアルバム、デヴィッド・ボウイのアルバム『Diamond Dogs』はジョージ・オーウェルの小説『1984』に影響されているのです。 22:17:53, 2016-01-11
  • RT @hajime_jp: 「河原町駅でボウイに準急と急行と通勤特急の違いを聞かれた」みたいなツイートがあがってこないとはツイッターもっとがんばれ。 22:45:54, 2016-01-11
  • タイムラインを見やるとわからない若人もいるようだから親切な(おせっかい)な説明をすると、ボウイの『LOW』は、ドイツの元祖テクノ・ポップの影響を受けて作られているのだけど、結果的には世界中のテクノ・ポップに影響を与えたのです。P-MODELも当然(たぶん)影響を受けているのです。 22:53:34, 2016-01-11
  • でも、平沢さんとの会話で覚えてるのは「平沢さんってボウイ好きだったんですか」「そりゃ好きでしたよ」くらいかなぁ。「レッツ・ダンス」後の話だから、温度低いしそれ以上続かなかったけど。 22:55:47, 2016-01-11
  • にしても、年に1〜2回しかやりとしないM岡さんからのメイルで訃報を知るっていうのも、まあ、そういうことなんだろうなぁ。 23:10:43, 2016-01-11
  • ほんとにそうだなぁ。 https://t.co/BfQO5tTYx9 ボウイの死を前に、最新作ばかり聞いている自分、それが黒い星だけが描かれたアルバムであるということ、アルバムのラストが「私は全てを与えることはできない」という歌詞のリフレインであること。 00:20:46, 2016-01-12
  • 新譜ばかり聴いていたのだけど、ようやく昔の曲を聴く気になった。 00:25:54, 2016-01-12
  • 雪空。 https://t.co/GMneJDjCBN 07:07:45, 2016-01-12
  • 株式会社ファッシネイションというのは、ぼくじゃなくて別なスタッフがつけたもので、候補に上がった時には曲名の「Fascination」だと思って「いいんじゃないかな」と言ったのだけど、彼としては「Changes」のスレイズからとったらしい。 08:13:57, 2016-01-12
  • 「Changes」の Strange fascination, fascinating me♪ ってとこね。まあ「Fascination」の Fascination comes around♪ ってことでもいいのだけど。 08:16:12, 2016-01-12
  • ボウイを模したマンガの登場人物は多いけれど、大島弓子の短篇「ヒー・ヒズ・ヒム」は『週間マーガレット』掲載時に読んで、初めての大島作品だったのだけど、えらいびっくりした。「冬彦……」のとことか。 08:22:04, 2016-01-12
  • 確認すると「ふゆひこォ…」であった。 08:23:49, 2016-01-12
  • ほんとにどうでもいいことしか書かないね。書けないというか。 08:34:09, 2016-01-12
  • 世界優しさ党の党首になるひとがいなくなった。 00:58:46, 2016-01-13
  • 日本事務局の「雑用係」さんはどうしてるかと思ったら相変わらずだった。 https://t.co/BJ78RU2wKm 01:04:52, 2016-01-13
  • 薄い雲が出てきた。 https://t.co/wi0vvVXmHP 08:19:37, 2016-01-13
  • 東京も初氷か。 RT @foomodel: 椿も凍てつく朝 https://t.co/sj7in81FPD 08:44:21, 2016-01-13
  • パワーステーション再び。 https://t.co/HIUQfQyTMt NEWS[minus(-)LIVE 2016“ecru”に平沢進のゲスト参加が決定!]| minus(-) 15:11:16, 2016-01-13
  • けっこう近い。 https://t.co/iAZgOj4x2b 23:38:39, 2016-01-13
  • くらもちふさこ「まゆをつけたピカデリー」も外せないな(さっきまで「まゆを落としたピカデリー」だっけ…と思っていたが…本をめくってよかった)。 00:22:25, 2016-01-14
  • 霞みつつきょうも晴れて寒い。 https://t.co/tT4DMgNfM9 07:01:08, 2016-01-14
  • ボウイが使われてるわけじゃないけど『マトリックス』を観た。世界観がちょっと近い。そういや、平沢さんも好きだったな。 https://t.co/7rvFAaPvKc 08:14:07, 2016-01-14
  • まあ、準拠枠が近いからしょうがないんだけど『マトリックス』も「WORLD CELL 2015」も同じっちゃ同じなわけだし。 08:16:17, 2016-01-14
  • ニュー看板 https://t.co/M1Af26hMqy 21:03:57, 2016-01-14
  • 旧看板も健在 https://t.co/jHCaeGqk6Q 21:04:45, 2016-01-14
  • カレーも健在。 https://t.co/nZZiFgCIEY 21:13:22, 2016-01-14
  • カリフォルニアかカルフォルニアかよくわかんなくなるんだけど、後者はマンガのタイトルであるんだよな。パロディとして。 RT @miurashunichi: ロックの金字塔ともいえる名曲、ホテル・カリフォルニア。 21:26:02, 2016-01-14
  • 日出直後はこんなだったが、晴れてきた。 https://t.co/w3KLzRoEw0 08:21:50, 2016-01-15
  • RT @teruyasuNo4: “Silhouettes and shadows watch the revolution” なので,「シルエットや影がその革命を監視している」ですネ。「シルエットや影が革命を見ている」は,誤訳だと思いまス。 08:28:48, 2016-01-15
  • 冷たく快晴。 https://t.co/Tuk4dulAFo 09:10:30, 2016-01-16
  • RT @teruyasuNo4: 大学入試センター試験の「数学」では,1990 年代後半以来,選択肢の番号が「0,1,2,…」とゼロで始まります。ゼロは自然数だから,と専門家が決めたのでしょうが,ゼロで始まる番号は,他教科で採用されていませン。 10:13:29, 2016-01-16
  • RT @SwitchOn_Orch: 平沢進さんの楽曲を生のオーケストラで演奏してみたい。そんな思いから試奏会を企画しました。(アマチュアファン)オケ+合唱+バンド一緒に演奏しましょ♪ 2016年5月14日(土)13:00〜21:00(予定) 会場:パルテノン多摩 リハーサル室… 10:22:36, 2016-01-16
  • 眉間にちょっとした傷を負ったので絆創膏を貼ったらジギー期のボウイみたいになった。ついでに眉も落としてみようか。そのほうが貼りやすい。 18:08:16, 2016-01-16
  • She Was Born To Be My Unicorn♪ 22:06:54, 2016-01-16
  • RT @EyePunk: 今日1月16日はスターリンのギタリストであり、ADKレコードの主催者であったタムの5回目の命日です。本当に本当に小さな自主制作レーベルだったけれども、あなたがいたから、今の日本の音楽シーンがある気がしてます。ありがとう。 https://t.co/6o… 22:42:20, 2016-01-16
  • 明け方の雲も消えてきた。 https://t.co/nPPcYgNP9j 08:28:31, 2016-01-17
  • GHMT&蜂蜜黄粉餅。 09:11:11, 2016-01-17
  • MODEROOM – Day Scanner ?Day Scanner? ブログアーカイブ ? 音のミゾからハロー 番外篇 デヴィッド・ボウイ https://t.co/MtfJPF77X0 16:45:01, 2016-01-17

音のミゾからハロー 番外篇 デヴィッド・ボウイ

ボウイが逝った。

自分が受けた衝撃と喪失感にむしろ驚いている。
もし、ボウイが2013年に『The Next Day』でカムバックしなかったら、もし、それがあんなに素晴らしい作品でなかったら。
もし、死の2日前の誕生日に新譜『★ (Blackstar)』をリリースしなかったら、もし、それがあんなに素晴らしい作品でなかったら。
こんなふうに感じはしなかっただろう。
ボウイの最後の策略にまんまと引っかかったのだ。

考えてみれば、ぼくがボウイを真剣に聴いていたのは1977年から1982年のたった5年間なのである。
出会いが『”Heroes”(英雄夢語り)』というのは幸福だった。
そこから『Low』『Station to Station 』と遡った。
クラフトワークやニュー・ウェイヴを聴きはじめたころだったので、タイミングもよかった。
たしかそのあとに聴いたのが、名作の誉れ高き『 The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars(ジギー・スターダスト/屈折する星屑の上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群)』であるが、最初は「なんだこれ」である。
よく書いているが、ぼくはフォーク・ソングやアコースティック・ギターの弾き語りがほんとに苦手で、この作品世界に入り込むには年月がいった。
ライヴ盤を聴いてからは「Five Years」や「Rock’N’Roll Suicide」も好きになったものの、いまでも、フォークっぽい初期ボウイは苦手である。
同時期のアルバムでは『Hunky Dory』『Aladdin Sane』のほうが好きなくらいである。
ソウルやファンクも苦手なわたしではあるが『Young Americans』『Station to Station』でのいんちきくさいプラスティック・ソウルは大好きである。

しかしながら、ありがちな話ではあるがEMI移籍後のディスコ路線『Let’s Dance』でがっくりし、83年の来日公演 SERIOUS MOONLIGHT TOUR で決別してしまった。
あの剃刀のような「Breaking Glass」を鈍ら刀のようなディスコ・アレンジで聴かされ、ミーハーにも憤ったわけだ。
つまりは、自分にとってのデヴィッド・ボウイはRCA時代のデヴィッド・ボウイなのである。
あー、ありがち、
それでも、もうライヴをやるのはこれが最後という触れ込み(ボウイはそんなことばっかり言ってる)だったので1990年「Sound + Vision Tour」は行ったりしたのである。
そう、すっかり忘れていたが行ったのだ。
東京ドームで観るボウイはやっぱり自分にとってはただのショウでしかなく、どうもしっくりこなかった。
タダ券で酒宴に盛り上がる広告代理店のグループが不愉快だったことくらいしか覚えてない。
自分にとってのボウイのライヴは、岩谷宏のレヴューでしか知らない73年のジギーと、NHK『ヤング・ミュージック・ショー』でしか知らない78年の Low And Heroes Tour である。

そんなこんなで幾星霜、30年ぶりに聴いた新作が『The Next Day』というわけである。
ジャケットからして『”Heroes”』を意識したとわかる作品だが、サウンドが似ているわけではない。
自らの最高傑作を超えるという意味あいだろうが、60代半ばのボウイが歌うラヴ・ソング(だよね?)にやられてしまった。
ザ・ビートルズの「When I’m Sixty-Four」の年齢を超えたボウイが「Valentine’s Day」を歌うわけである。

ここからボウイ熱が再燃し、それまでアナログ盤でしか持ってなかったRCA時代の作品をCDで買い直し、昨年は迷ったけれどもボックス・セットも買って、やっぱり初期フォークのボウイは苦手だと再認識したりしていた。
さてさて『Tonight』(1984)から『Reality』(2003)まで20年間のブランクも埋めるかね、などと思い、なぜか『Earthling』を聴いてがっくりきたりしていたのである。
『★ (Blackstar)』を聴いたあとその思いは強まり『The Buddha Of Suburbia 』『.Outside 』あたりは押さえておこうかと思っていたのである。
正月にT.REXをまとめ買いしてしまったので、来月はボウイかなぁと思っていたのである。
話は逸れるが、T.REXというかTyrannosaurus Rex時代のマーク・ボランが好きになったのはつい数年前である。フォーク嫌いなのでずっと敬遠していたのであるが、ぜんぜんフォークじゃないというか。わたしはフォーク嫌いというより単にボブ・ディラン系が苦手なのかもしれない。アコースティック・ギターでも、Tyrannosaurus Rexはよいです。

閑話休題、ボウイである。

実を言うと、なぜ10代でボウイにあれだけ入れ込んだのか自分でもわかっていない。
それがわかりそうな気がして『The Next Day』『★ (Blackstar)』を聴いていたのかもしれない。

ボウイは70年代におけるロックという概念やイデオロギーを体現していた。
ロックはメディアであり、自分自身もまたメディアであると明示した初めてのミュージシャンである。
それまでもやもやとして曖昧だったロックの概念をはっきりと示し、音楽以上のなにかがあるのではないかという幻想を確信に変えた。
だからこそ、イデオロギー雑誌であった時代の『ロッキング・オン』の看板であった。
強くあるより美しくあれとか、ボウイをメディアとした、岩谷宏の表現もかなり重なっていたと思う。

ちなみに、すっかり名前負けしている株式会社ファッシネイション社名は、ぼくじゃなくて別なスタッフがつけたもので、候補に上がった時には曲名の「Fascination」だと思って「いいんじゃないかな」と言ったのだけど、彼としては「Changes」のフレイズからとったらしい。
「Changes」の Strange fascination, fascinating me♪ ってところ。
まあ「Fascination」の Fascination comes around♪ ってことでもいいのだけど。

そういう意味では、デヴィッド・ボウイの死はロックの死であり、だからこそ、自分でも驚くくらいの衝撃を受けたのだ。
『The Next Day』『★ (Blackstar)』を聴いて、老いや死をテーマにできるミュージシャンはボウイくらいだろうと感じた。
若者にとっての甘美な死の誘惑ではなく、老いと隣り合わせの死。
ボウイほど若くして死ぬことを望まれた(自分自身も一時期はそう望んでいたであろう)ミュージシャンはいない。
「レッツ・ダンス」以降は、RCA時代に死んでいたら伝説になったのにと本気で言うやつも少なくはなかった。

ぼくも一時期はちょっとそうは思ったけれども、かつてのように自分が納得できる作品ができなくてもがき続け、試行錯誤を続けるボウイ(ぼくにはそう見えた)は、100まで生きてほしいと思うようになった。
この先、すごい作品ができちゃったりすることはないかもしれないが、生き続ける姿を見せてほしいと思っていた。

そう思っていたら『The Next Day』がリリースされたのだ。
それは驚くだろう。
ほかのどのミュージシャンも表現できなかった老いや死を引き受けたロック。
ほんとにやってしまった。

『The Next Day』『★ (Blackstar)』の意味がわかるには、まだ20年はかかるかもしれないが、いまは聴き続けるしかない。
などと37.7度の熱でぼーっとしながら思っている。

IMAG0601(書き終わって測ったら、37.9度まで上がってた…)

(結局、38.7度まで上がった…インフルエンザであった…)

Twitter Weekly Updates for 2016-01-10

  • けさもよく焼けて週明け。 https://t.co/H26SZBamqN 06:37:38, 2016-01-04
  • ことしの初夢らしきもの。潰れた病院の整理。なんだそれ。ほんとはもっと前に見てるけど忘れた。 06:45:33, 2016-01-04
  • 同じことをやって感じてたひとがいた!! RT @silvertalbo: おはよう月曜。ファイル名の末尾に2016?と記載するのが、まだしっくりこない朝。平常運行開始。 08:01:02, 2016-01-04
  • RT @metakit: コンセプト・バンクがスタートしました。 https://t.co/ug7KqZytPr 08:02:10, 2016-01-04
  • 朝から今剛ギター。 https://t.co/yk8nCSGLB4 マラッカのPANTA & HALをチェック 08:09:29, 2016-01-04
  • GPMに PANTA & HAL が入ったんだよね。 08:12:12, 2016-01-04
  • 聴くとBOXが欲しくなるという。 08:12:59, 2016-01-04
  • サウンドはフュージョンなんだけど、パンタの声とのミスマッチがいいのだ。 08:15:24, 2016-01-04
  • P-MODELライヴ初参加というだけでなく予備校行き決定後の春休みというシチュエイションまで同じ。しかし人生の展開が大違いだ(笑)。 https://t.co/aznF0seps8 13:50:23, 2016-01-04
  • さあ、もっと平沢さんのマンドレイク話をたっぷり読みたい方はこちら。でも、捨てずに押し入れに隠しておいたレコードの話までは出てきません。 https://t.co/ZiovS8AY2r 改訂復刻DIGITAL版 音楽産業廃棄物 22:16:06, 2016-01-04
  • 中野店長以外に持ってるひといたんだ…。うん、海賊盤は捨てるといいですよ。 RT @dai3wakusei: @hirasawa ありがとうございました。僕もこのレコード捨てます! https://t.co/iZI7IbGuoZ 22:28:38, 2016-01-04
  • もやっと明け。 https://t.co/BepiEFpvYI 06:42:19, 2016-01-05
  • 焼き鮭とイクラ醤油漬けの親子丼、美味しゅうございました。っても、ふつうの飯茶碗だけど。 07:55:53, 2016-01-05
  • ので、珍しく納豆を飯に乗せず、単体で食べた。 07:56:45, 2016-01-05
  • カレーはなんて美味いんだ♪ と実感する正月明け。なんでもカレーにしてしまう人間ではあるが、雑煮をカレー味にしたことはない。汁はカレー味でもよかろうが、問題は餅である。実は白飯がわりに餅を茹でカレーをかけ食したことがあるのだけどかなり微妙な味だった。以来、餅とカレーは試していない。 23:01:30, 2016-01-05
  • ひさびさ白くて寒い。 https://t.co/0R8h8HyNnm 06:56:49, 2016-01-06
  • お目当てのカレー屋の昼営業時間に間に合わなかったので、近くのカフェでカレー食べてる。
    https://t.co/OMc21BOCbu 14:56:22, 2016-01-06
  • 昼の営業時間が15時までの店に14:30に行ってはいけなかったかと思いつつ、ちょっと塩からいカレーを食べてる。時間が遅いので煮詰まったのだろうか。でも、自分で作るカレーにちょっと似てる。 15:00:15, 2016-01-06
  • 國崎さんや竹内さんと会うとイナガキさんのスリリングな思い出話が出るんだよなぁ。 RT @qwalunca_cafe: 國崎さんのお話、とっても楽しみです。 https://t.co/dc5Or4XPHZ 15:03:44, 2016-01-06
  • RT @mrm_kawasaki: 後れ馳せながら新年明けましておめでとうございます!川崎市市民ミュージアムの上映初めは、今年も35mmフィルム上映!→1/9 (土)11時『ノーライフキング』市川準監督、14時『PERFECT BLUE』今敏監督@川崎市市民ミュージアムhttp… 22:18:50, 2016-01-06
  • 月、金星、土星が残っていた。 https://t.co/fkyaiFAfj9 06:58:25, 2016-01-07
  • 水つもりが少なかったので七草粥がただの柔らかご飯になってしましまった。 08:09:18, 2016-01-07
  • いい感じに寒い。 https://t.co/VHsnN3EDzo 14:06:29, 2016-01-07
  • あれは思い出深いライヴでした。 RT @kunisakie: ゴーズオンゴースト、無理くりな変拍子と忙しすぎるベースが面白い。横川さんのお披露目ライブを渋谷LIVE INNでやった時、4Dバージョンで演奏されたのも良かった。 23:21:04, 2016-01-07
  • 1984/10/24渋谷LIVE INNのP-MODELライヴは2部構成で、第1部は横川コーナーだったのだけど、当時は4-Dとかぜんぜん知らなくてぼーっとしてたら、一緒に行った友人が「コレ、4-Dの曲だよ」とか教えてくれたのだった。 00:50:19, 2016-01-08
  • 「GOES ON GHOST」の4-Dヴァージョンもよかったけど「AFTER DINNER PARTY」のP-MODELヴァージョンもよかったなぁ。 00:50:58, 2016-01-08
  • 84年-88年のP-MODELといえば新宿ロフトなのだけど、84/10/24のライヴ・インと88年末の渋谷クアトロ凍結ライヴは、P-MODEL史に残るなぁ。 01:00:03, 2016-01-08
  • ライヴ・インといえば、84/03/10も記憶に残ってるなぁ。『ANOTHER GAME』発売記念だったのだけど、機材トラブルかんなんかでキレた(?)平沢さんが、きょうはめちゃくちゃなのでめちゃくちゃやりますとか言って、当時封印してた初期ナンバーをたくさんやったのだった。 01:03:47, 2016-01-08
  • フロント・アクトがザ・ルーズとバンパイヤで、こっちも印象深かった。 01:05:52, 2016-01-08
  • いかん、K崎さんのせいで、うっかり昔語りしてしまった。 01:07:20, 2016-01-08
  • けさも明けの明星と明けた。 https://t.co/XTUAqubjBH 07:09:44, 2016-01-08
  • RT @tank_yama: 左右で違う革靴を履いてきてしまったので一刻も早く帰りたい 15:05:35, 2016-01-08
  • 2016/01/09 00:00:34頃、福島県沖の深さ60kmでM4.0の地震が発生しました。予想される最大震度は震度2です。 https://t.co/aGNTemLYNb #NamazuAlert 00:01:58, 2016-01-09
  • 霞みつつも快晴。 https://t.co/NghmTPNncG 09:33:53, 2016-01-09
  • タイムラインに飛び交っていたキイワードから想像していた事象は、検索してみると実際にはまったく異なっていた。なーんだ。 10:28:55, 2016-01-09
  • ジミー・ペイジ72歳誕生日。ということとはまったく関係ないが「ミニ・スカートの父」ってなんかすごいな。 10:30:53, 2016-01-09
  • そしてきのう1月8日ボウイ69歳誕生日にリリースされた新譜『★』をいまごろ注文。すっかり忘れてた。David Bowie Lazarus https://t.co/kinGTV41rY 10:38:12, 2016-01-09
  • ふと気づいたが、ボウイと平沢さんって7歳しか違わないのか。そういえば、グラムの全盛期とテクノ・ポップの全盛期も7年くらいしか離れてないんだな。 11:08:47, 2016-01-09
  • 明日着のベタボシ、GPMにも来てたので聴いてる。じゃあCDは買わなくてよかったんじゃないかというツッコミは受け付けません。 https://t.co/1DbpVJRtMW 16:15:42, 2016-01-09
  • にしてもGooglePlayMusicってユーザ・インタフェイスがアホみたいに悪いよなぁ。GPMってAPI公開してサード・パーティがアプリケイション作ってくんないかな。早くSpotifyが日本でも課金対応してくれりゃあいいのだが。 16:20:45, 2016-01-09
  • ベン・モンダーというジャズ・ギタリストなそうだが、ロバート・フリップが弾いてると言われればそうかと思っていまう。 https://t.co/VarEGwHV8f David Bowie – I Can’t Give Everything Away [Audio] 17:51:09, 2016-01-09
  • ちゃんと読ませる文章ってとこで感心。 https://t.co/tbaKKPLgQ0 宮崎謙介議員の国会議員育休宣言をめぐる議論について: 橋本岳(はしもとがく)ブログ 「育児は人に任せればいいじゃないか」という声が、他党ならともかく、自民党内から出るのは驚きました。 21:00:58, 2016-01-09
  • グローバル・トロッターズ国内盤はサイン色紙付きが標準仕様みたいなtweetが通過していったが、うちのにはついてなかった。ところで、初版『時空の水』にサイン色紙が付いてるんだけど、どこの店だかぜんぜん覚えがない。 22:15:57, 2016-01-09
  • あと、TAKAのアルバムに本人とプロデューサのサイン入り2ショット生写真が入ってるんだけど、これまたぜんぜん覚えがない。 22:17:52, 2016-01-09
  • なる RT @jiffneda: @takasiko ありゃ、もしかして私のツイートが出典元でしょうか?「グロトロのポストカード」は主にインストアイベント配布だったからポストカードはサイン入りのものが多い、という趣旨のツイートだったのですが、どこかで伝言ゲーム化してるんでしょうか 22:24:51, 2016-01-09
  • 流れて見失ったtweetだったので、わたしの誤読の可能性も高いです、すみません。 RT @jiffneda: @takasiko もちろん、グロトロの国内盤はポストカード添付で販売されてたわけではありません。あしからず。 22:27:34, 2016-01-09
  • もやっと朔。 https://t.co/tGdn2PDqrh 08:08:31, 2016-01-10
  • RT @yujiku_asagaya: ユジクで見逃してしまった皆様に朗報です!!今敏監督作品、ユジク阿佐ヶ谷にてアンコール上映します!1/30(土)20:00〜東京ゴッドファーザーズ、31(日)20:00〜パプリカ、そして2/1(月)〜5(金)20:00〜千年女優も! htt… 14:32:00, 2016-01-10
  • RT @MishiOgawa: 本日です。「祝電」
    HONDALADY 、プノンペンモデル、小川美潮 Trio & me
    高円寺 high 18:30開演
    プノンペンモデルにはかわいしのぶちゃんもいる
    さぁてなに着よっかナ〜 あとでね〜〜!!! https://t.co/U0X… 14:32:45, 2016-01-10
  • RT @TsutsuiYasutaka: 巨匠・筒井康隆が最後の長編小説『モナドの領域』を語る「究極のテーマ『神』について書いたので、これ以上書くことはない」 https://t.co/NDGynpDAYy 16:31:32, 2016-01-10
  • ピンクは日の入り。 https://t.co/W2f3YLJBeh https://t.co/W2f3YLJBeh 17:12:55, 2016-01-10
  • ああ、仕様なのか、よくわからんが。 17:13:50, 2016-01-10
  • MODEROOM – Day Scanner ?Day Scanner? ブログアーカイブ ? 『ホログラムを登る男』および「WORLD CELL 2015」に関するメモ その2 https://t.co/4Bj98eiv6s 17:14:44, 2016-01-10
  • Google Play Music は最高で320bpsで悪くはないのだけど、やはりCDやFLACのほうがいいな…と思いたし。 17:43:19, 2016-01-10
  • A600と呼びたい。 https://t.co/TJVyeylFTh キーボードにPCを内蔵した一体型「キーボードPC」をテックウインドが発表。Windows 10、トラックパッド搭載 – Engadget Japanese 18:13:56, 2016-01-10
  • オープニングはなんと中野店長(G&Vo)と中井敏文(Dr)のバンド。5分前まで立ち話してた中井さんがステージにいて驚いたが、余興って感じじゃなくちゃんとしてて『パースペクティヴ』期のP-MODELみたい。中井さん田井中さんよりうまいんじゃ(笑)。 18:53:15, 2016-01-10
  • オケに使ったのは30年前のカセットテープ音源なそうな。 18:54:55, 2016-01-10
  • なんでジョージ・ハリスン? 18:55:54, 2016-01-10
  • ナゴム魂(というか人生魂)をいまに伝えるHONDALADYだが、伊藤つかさのキャバレエ・ヴォルテイルが好き発言は彼氏のせいではなくレコード会社が同じ徳間のせいだと思うぞ。 19:48:46, 2016-01-10
  • 転換中はヒマなんです。 19:54:45, 2016-01-10
  • 前にプノンペンモデルを観たのは渋谷だったか初台だったかずいぶん前だが、すごい。ドラム、ハリーじゃん。直下型ビート。ベースもうねりまくりで、風格さえ漂うカオス。 20:42:25, 2016-01-10
  • ことぶきさんは相変わらずサッポロビールのロング缶片手に踊りながら幼形成熟だし、マルタは客席乱入繰り返すし。1ステージで1曲みたいな音の塊。 20:45:06, 2016-01-10
  • 入場時にお目当てのバンドを訊かれ迷ったが小川美潮と答えた。たぶん今世紀初。 20:54:35, 2016-01-10
  • 友人関係でも一時期はしょっちゅう会ってたのに特に喧嘩したとかではなくともなんとなく疎遠になってしまうことがある。音楽もしかり。作品名やライヴが悪かったわけでもないのに縁遠くなることがある。小川美潮も20世紀には熱心なリスナーだったのになぜか21世紀に入って疎遠になってしまった。 22:08:06, 2016-01-10
  • それでもおととしあたりからなぜか無性に聴きたくなって、スマートフォンに仕込んだりしてた。きょう久しぶりに「デンキ」なんか聴くと、やっぱりいいわけで。ただ初めてのお客さんには歌いあげる系の曲より「おかしな午後」とかのほうがウケがよかったかもとか、余計な心配したり。 22:21:28, 2016-01-10
  • などとくだらないことだらだら書きつつもすでに脱兎のごとく帰宅。手にはタイムセールのバタールまで手にしている始末。 22:28:29, 2016-01-10

『ホログラムを登る男』および「WORLD CELL 2015」に関するメモ その2

「随時更新予定」とか「つづく」とか書いていながら、早1か月。
年も明け、もう正月10日である。

前回は諸事情により急いで書き上げてので、どうもまだまだ言い足りないことがあるような気がしたのだが、しかし、間をおいてみるとライヴについても新譜についても、ことさら付け加えることはないのではないかという気がしている。
意外と言い切っているじゃないかと。

しかもだ。
昨年末にリリースされた『サウンド&レコーディング・マガジン』2016年2月号のインタヴューが非常によいもので、なにを語ってもいまさら感が強い。
さすが國崎さんである。
http://www.rittor-music.co.jp/magazine/sr/15121001.html

インタヴューを読むと、わたしの感想というかメモめいたものもあながち外れていなかったのではないかと安堵したが、それはわたしの読みが鋭いわけでもなんでもなく、平沢進が、そのように伝わるように表現したに過ぎない。
まあ『パースペクティヴ』というより『ポプリ』だったかとか、細かいことはいろいろあるものの。

最初「ホログラムを登る男」(曲のほう)のオーケストレイションは風呂敷を広げるだけ広げて盛り上げには失敗してる(登り切らない)んじゃないかと思ったのだが、ライヴを見たあとでは盛り上げ切らないほうが正解なのかとも思う。

ライヴについても解析サイトなどで詳説されているので、分析はそちらにおまかせ。
いわゆる成功ルート(ハッピー・エンディング)となった初日が、すんなりいきすぎていちばんカタルシスがなかったのは皮肉。選曲やはらはらどきどきのストーリ展開だけでいうなら、在宅参加した2日めがいちばん盛り上がったのではないか。
もっとも、解析サイトじゃないけど、長年見てると曲数バランスや分岐ルールなどインタラクティヴ・ライヴでの不文律によって途中で「あ、こりゃダメだ」とわかってしまうわけだが。
3日めはなんとか成功ルートへ行こうという会場の一致団結が裏目に出たというか、不完全燃焼のきらいがあったようにも思う。しかし、それも3日間唯一のアンコール(曲数の公平性とも言う)「WORLD CELL」で帳消しになった。
和音の出来不出来をユーザ・インタフェイスにするというアイディアも含め、やはり、エンタテインメント性という意味では「ノモノスとイミューム」を凌駕する新機軸であったと思う。
インタラクティヴ・ライヴは無心になんも考えずに楽しんで参加するのがいちばん。といっては元も子もないか。いや、いろいろ考えちゃうから、虚心がいちばん難しいんですけどね。

あ、筑波Gazioラストについてはまたこんど。

 

Twitter Weekly Updates for 2016-01-03