Twitter Weekly Updates for 2012-05-27

Twitter Weekly Updates for 2012-05-20

  • もやって月曜。 新宿区 快晴時々曇り 15° RealFeel 15° 風向: 北 風速: 4 km/h 湿度:… http://t.co/s7Y8jVSn 05:10:15, 2012-05-14
  • ここ数日、なにか花粉的なものが舞っている気がする。 05:35:21, 2012-05-14
  • 紙で出るのですね。 http://t.co/iyiaqbbR RT @asaaaaahi: 本日は「空想郵便局」1巻の発売日です。書店さんamazonさん他で1冊600円で売ってます。どうかよろしくお願いいたします。 05:51:34, 2012-05-14
  • すぐ来た。///2012/05/14 08:17:48頃、千葉県東方沖の深さ30kmでM4.3の地震が発生しました。予想される最大震度は震度3です。 http://t.co/hzwCQreX #NamazuAlert 08:18:49, 2012-05-14
  • 「震源地: 福島県中通り」に修正されてた。 RT 2012/05/14 08:17:48頃、千葉県東方沖の深さ30kmでM4.3の地震が発生しました。予想される最大震度は震度3です。 http://t.co/hzwCQreX #NamazuAlert 08:31:10, 2012-05-14
  • 『来なかった近未来』修正版リリース: 平沢進エッセイ集『来なかった近未来』の第2版がリリースされました。
    本文の内容に変更はありませんが、誤記修正、リンク改善などを行っています。
    ヴァージョン・アップは無… http://t.co/CwHsoWEX #hirasawa 09:10:02, 2012-05-14
  • 銀杏の木もいつの間にかこんもり。 http://t.co/WmUBmHAm 10:16:27, 2012-05-14
  • 「仮想マシン実行中に重大なエラーが発生したため、仮想マシンは停止しました」というメッセージとともに老師のイラスト。ウィンドウのタイトルには「瞑想中(システムエラー)」の文字。そう、VirtualBoxの開発者はAmiganなのだ。 http://t.co/I2xKaJBO 16:59:57, 2012-05-14
  • VirtualBoxのChangelogには「guru meditation」というフレイズが頻出する、という話は前にも書いた。 http://t.co/RbPdAkBE 17:01:24, 2012-05-14
  • 卓球やD・メイと一緒に金環日蝕というのもレアというかアレだが「シークレットDJでデリック・メイ出演決定」ってぜんぜんシークレットじゃないぞ、eプラス。 http://t.co/pcX9KtIx 21:03:41, 2012-05-14
  • 少し降ってきた。 新宿区 曇り 19.2 mm の雨が見込まれます20° RealFeel 18° 風向: 南 風速:… http://t.co/D0rxllT7 05:17:04, 2012-05-15
  • なーる。 RT : 電力たりないて言ってる北海道電力,関西電力,四国電力,九州電力て,どんぴしゃ加圧水型の電力会社じゃん。せきにんしゃー,「じつは内心,沸騰水型はあぶないと思ってまして火力の予備を用意してたんです」て言え! だれか,この言質をとってくれ!! 05:26:47, 2012-05-15
  • ありえそうだ。 RT : 沸騰水型の電力会社は,火力でたりる。電力会社自身が(その原子力以外の部門が)原子力発電を信じてなかったので,火力の予備を大きくとっておいたんでしょう。責任者からこの言質とったら,裁判できるぞ。 05:28:15, 2012-05-15
  • 警報で起こされたけど、新宿区は揺れなかったな。///2012/05/15 04:19:24頃、茨城県沖の深さ10kmでM4.8の地震が発生しました。予想される最大震度は震度3です。 http://t.co/OYFexT7w #NamazuAlert 05:33:10, 2012-05-15
  • HTC One X にしてみたの1: *以下、1か月前に書き始めて放置していたのだが、賞味期限が切れかかったので、書きかけで公開2年間使ってきた HTC Desire (X06HT) のいわゆる2年縛りが切れるので、スマート… http://t.co/QwKgUc2u 09:13:26, 2012-05-15
  • 晴れてきた。 新宿区 霧 17° RealFeel 17° 風向: 西 風速: 6 km/h 湿度: 93% 気圧:… http://t.co/BSxcgpvI 05:14:35, 2012-05-16
  • まとめサイトとなみにわかりやすいまとめ。
    http://t.co/YdjSIDhK ジョブズ氏は「最期の瞬間まで、アップルの金庫の中身を使い果たしてでも、不正を正す」と誓っていた。「アンドロイドを潰す。それは盗品だからだ。水爆を使ってでもアンドロイドを滅ぼしてやる」と怒っていた 05:50:07, 2012-05-16
  • 会いたいアイドルがいたらメディアを作ればいいという梶本さんの発想は、いまも天才的と思います。意外とマネされてないし。 RT @fuji507: 「よい子の歌謡曲」って一般的には歌謡曲評論を広めたところに評価があるんだろうけど、メディア越しの疑似恋愛というものの愉しさと哀しさを体現 06:01:19, 2012-05-16
  • 秋のような鱗雲。 http://t.co/GLyUl3tU 07:01:49, 2012-05-16
  • もう桃の実が色づいてた。 http://t.co/VZ3t8Qq1 23:15:14, 2012-05-16
  • ラモーン一族のうち誰かに取材したことあるんだけど、あれはいった誰だったんだろう。ということはどうでもよく、これはよいものです。 http://t.co/xeOBuPC3 @RollingStoneさんから 23:52:58, 2012-05-16
  • だんだん雲が濃くなってきた。 新宿区 快晴時々曇り 18° RealFeel 18° 風向: 西 風力: 11… http://t.co/Nzi2RkAF 06:05:12, 2012-05-17
  • 80年代的合掌。 RT 「ヒップアップ」小林すすむさん死去…58歳、がん:http://t.co/faUlmN5h 13:18:24, 2012-05-17
  • 偶然シャッフル・モードになって偶然に花田時代のルースターズがかかった。久しぶりに聴いたのだけど、疲れてる時にいいみたい。 22:44:52, 2012-05-17
  • しかしね、ザ・ビートルズからライヴの前日にジョンとポールがいっぺんに抜けて、ジョージがあんたあしたからリーダーねって言われたら。そりゃ困るよね。と花田裕之に感情移入してみた。 23:44:39, 2012-05-17
  • フロッピィ・ミュージック??? RT : フロッピーがかびていた。コンドルが飛んでゆく、を聴こうとおもったのに。。 00:09:02, 2012-05-18
  • 晴れてきた。咲かずに枯れるかと思われたスウィート・ピーが赤く咲いた。 新宿区 薄曇り 15° RealFeel 11°… http://t.co/TfM227sJ 06:53:59, 2012-05-18
  • 虚構じゃなかったのか。にしても時事通信がネタ元にしてるこのサイト、なんとウソくさいデザイン。とまれ、茂木由多加のディスコ・ミュージック論を思い起こしつつ合掌。 http://t.co/UdXum27D RT : ドナタサマーもキャンサー。 07:10:12, 2012-05-18
  • 雷雨がやんで嘘みたいに晴れた。暑くなりそう。 14:07:27, 2012-05-18
  • http://t.co/hOGqUtko 14:12:19, 2012-05-18
  • 2012/05/18 17:18:59頃、茨城県南部の深さ50kmでM5.2の地震が発生しました。予想される最大震度は震度4です。 http://t.co/uU87Rusb #NamazuAlert 17:20:01, 2012-05-18
  • 昨夜は発作的に丼1杯キャベツの千切りを食べたくなって、ほんと作って食べたら朝食時まで胃もたれしていた。きょうも欲求しているが自重しようと思う。 23:29:04, 2012-05-18
  • 赤い陽射しで目が覚めた。 新宿区 快晴 14° RealFeel 13° 風向: 西 風速: 9 km/h 湿度:… http://t.co/T4s56v41 05:00:12, 2012-05-19
  • 結局、鴨頭葱はネギアブラムシに敗北して引っこ抜いたが、こんどは挿し木した桃(まだ生きている)にふつうのアブラムシがついた。こっちは竹酢液が効くはずなのだが、効かなければ実がなるわけでもないので薬でもいいか。 08:20:32, 2012-05-19
  • Amiga Forever は導入が簡単。OS1.3のみ収録のDL版なら9.95ドル。 http://t.co/schwsXwR RT : エミュレータアプリとか欲しくなります。RT : 来なかった近未来読了。AMIGAが欲しくなるな。 10:01:39, 2012-05-19
  • いずれかと判断に迷う。 http://t.co/KdUWnHfK http://t.co/PLrMZhsG 11:09:43, 2012-05-19
  • 中央線の一部区間が運休するのも光が集結してるからか。 11:24:28, 2012-05-19
  • なんと(笑)。 #KONS RT : 思いもよらぬ場所で遭遇した今敏監督のアシアト。宮島の広島風お好み焼き 「ももちゃん」にて。 http://t.co/UplCNlWB 21:31:15, 2012-05-19
  • 曇天日曜。なぜか天気概況は著しく異なる。 新宿区 快晴 19° RealFeel 17° 風向: 南 風速: 15… http://t.co/80cNt9Oi 04:52:39, 2012-05-20
  • 東武に乗るのはもしかして生涯初かも。荒川を越えるのも久しぶり。3.11の前日に学園都市へ行って以来か。 http://t.co/9P7tH7Sl 10:05:21, 2012-05-20
  • というのは大嘘で、ことし葛西へ行った時に荒川は越えていた。北千住とか小菅とかこのあたりを通るのが2年ぶりってことで。Sカメラマン元気かな。あ、こないだ会ったばかりだった。 10:14:03, 2012-05-20
  • 竹ノ塚といえば西野妙子、草加といえば森尾由美。埼玉も数年ぶり。いや、去年行った画集の配送センタが上尾だった。カミオじゃなくてアゲオと知った。どうなってるか記憶中枢。 10:21:21, 2012-05-20
  • いまごろシャンプーと横川さん、か。 20:06:19, 2012-05-20
  • 明日は「このメガネでは日蝕が見えませんでした、不良品です」と返品が大量に出るのだろうな。 20:07:36, 2012-05-20

HTC One X にしてみたの1

*以下、1か月前に書き始めて放置していたのだが、賞味期限が切れかかったので、書きかけで公開

2年間使ってきた HTC Desire (X06HT) のいわゆる2年縛りが切れるので、スマートフォンを新調することにした。
Desireはほんとに素性のいいマシンで、よい買物をしたと思っている。
発売当初のフラッグシップ・モデルだけあり、2年経ったいまでもまだ現役で使えるほどだ。
ただ、内蔵メモリが小さいため、昨今のサイズの大きなアプリケイションを入れるにはrootをとってSDに領域を作るといった工夫が必要になるし、アプリケイションによってはさすがに動きが鈍いこともある。
致命的なのは経年によりハードウェア・キイの効きが悪くなってきたことで、保証が利くうちに修理に出したかったのだが、貸し出し用の代替機がないのである。
Desireの上位異機種ならまだしも、フィーチュアフォンなんぞを貸し出されても意味ないのである。

などなど諸々あって買い換えということにしたのだが、見渡せばどのキャリアもいわゆる「ガラスマ」ばかりで、まったくもっていい機種がない。
1年ほど前には、最低限のローカライズを施すだけで世界とタイムラグなく最新鋭のグローバル・モデルを発売していく、とかなんとか言っていたソフトバンクも気がつけば国内特殊仕様の国産スマートフォンばっかり。
他社を見渡しても、せいぜいモトローラのRAZRかサムソンのGALAXYくらいである。
GALAXYのSIIやNexusは設計思想がまったく趣味に合わないうえ、最新鋭というわけでもないので選外。
RAZRはかなり魅かれたのだけど、これもまた中途半端なスペックである。
また、ハードウェア・キイボード搭載機がほぼ壊滅した現在、ソフトウェア・キイボードで打つには、やはりDELLのStreakくらいの大画面が理想である。
Desireはコンパクトなのが魅力だったが、キイは打ちに難かった。

というわけで結局、自分の望む条件をほぼ満たすのは当時はEdgeとかEndeavorといったコードネームで呼ばれていたHTCの開発中のマシンくらいで、それが世に出のるを待つことにした。
このコードネームEdge/Endeavorが2月末に「HTC One X」として発表されたモデルである。
http://www.htc.com/uk/smartphones/htc-one-x/

だが、困ったことに「HTC One」シリーズの日本発売はなさそうで、そのかわりHTCはauと組んで日本専用モデルを開発するとか言っている。
んそ。
スペック的にはリーク情報通り(=期待通り)で申し分なかったが、唯一の欠点(自分にとっての)はバッテリがビルトインで取り外せないこと。
microSDスロットがないのは、内蔵ストレージが充分あるなら問題ではない。
しかし、バッテリはなあ、残量が少なくなった時にさくっと予備と入れ替えられるのがいいんだよなあ。
外部予備電源なんてiPhoneじゃないんだからカンベンしてほしい。

とかなんとか悩みつつも結局、ほかに使いたいマシンがあるわけでもなく、海外のSIMフリー版を買うことにしたわけである。
発売から半月が過ぎ、海外の安売り店でUK版が400ポンドくらいまで下がっていた。
送料と消費税を入れて58000円。
(5月15日現在はコミコミでUK版が53000円、香港版が49000円くらいまで下がっている……うーん)
Dropbox 25GBが2年間無料なので、いま払ってる使用料を割引換算して、237.6ドルお得(笑)。
ちなみに、Desireは2年の割賦販売で61920円(MNPだったので割引52800円で実質9120円)である。
auで売り出したHTC J(ISW13HT)なんか機種変更で実質負担額22,680円なそうだから、まあ、高くはついた。
でも自分の望む条件ではほかに選択肢がないんだから仕方がない。
外観だけで言うならモトローラのほうが好みではあるが、ま、いい。

CloveとExpansysで迷ったが、おまけがつくうえにちょいと安いExpansysで。
香港からの通販はあまりいい思い出がないので英国のExpansysで購入。
2012年4月14日(土日をはさんだので実質的には4/16)に注文して、4月19日に到着。
さすがDHLは早い。
しかし、緩衝材ゼロのいいかげんな梱包で、パッケージが汚れていた。無念。
Expansysは初めてだったが、印象悪くなったぞ。
中身は大丈夫だったけど。

HTC ONE X HTC ONE X
HTC ONE X HTC ONE X

第1印象は「薄い軽い」という当たり前のもの。
3.7インチのDesireに比べて1インチも大きいが、Desireより若干軽い。
筐体はポリカーボネイト素材ということだが、マットな加工ので質感は良い。
濃いグレイという色も悪くない。
ただし、皮脂がつきやすく、ケースが届くまで間は素のまま使っていたら、かなり汚れが気になった。
おまけについてきた19.90ポンド相当とかのスクリーン保護フィルム(Krusell)もやたら汚れやすくどうもいただけない。

HTC ONE X HTC ONE X HTC ONE X

HTC製品は毀誉褒貶あるし、デザインも数年前までは確実にダサかった。
Desireなんてアルミ製ケースに収納して外観を隠していたくらいだ。
近年はようやくデザインもフツーになり、飾りっ気のない、ほどよく角張ってシンプルなルックスは好感が持てる。
Oneシリーズもまあまあよいほうである。

起動後は、SIMカードを指さずにWifiで動作確認。
デフォルトは英語で、言語設定に日本語はない(ROMにロカルは収録はされている)ので、MoreLocale 2 などの言語設定アプリケイションをインストールして日本語に設定。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.c_lis.ccl.morelocale

Android4.0でモトヤフォントを標準採用というのはガセだったらしく、立派な「中華フォント」である。
しかし、4.0になってもフォントの入れ替えにはroot権限が必要なので後回し。

起動後に早速 1.28.401.9 へのソフトウェア・アップデイトが来たのでOTAでアップデイト。

HTC ONE X Screenshot_2012-04-19-20-24-16 Screenshot_2012-04-19-20-24-28
HTC ONE X HTC ONE X

カメラは遙かによくなっている。
Desireはカメラがあまりにしょぼかったので、いくら携帯電話のオマケ機能とはいえ、もう少しマシなのが欲しかったので、これはよい。
正面向きカメラによる顔認証ロック解除っていうのも試してみたが、いちいち自分の顔が画面に映るのはいただけない。
日になんどもなんども見たくないわ。

オマケのイヤフォンはしょぼいけど、ご自慢の Beats Audio はなかなかよい。
同じヘッドフォンをつないでも解像感がえらく違うし、立体感は増したが、耳に痛い感じは少なくなった。
最初、Bluetooth接続で音がならなかったが、Bluetoothのデヴァイス設定を初期化したら音が出るようになった。

 

HTC One X 購入後に HTC J や Galaxy SIII の発表もあったが、1か月使って、あー HTC One X にしてよかったというのが正直なところ。
root取得、フォント変更、バッテリの問題などはいつか次回へ。

Twitter Weekly Updates for 2012-05-13

  • これから晴れてきそう。 http://t.co/bXdPvGAr 05:12:52, 2012-05-07
  • 大かますの塩糀漬け焼き、たいへん美味しゅうございました。 http://t.co/dUZcGVuH 21:36:59, 2012-05-07
  • 目を離してるスキに『ティーンエイジ・ラブリー』も更新。筒井康隆の不条理SFが如き狂った情景描写にアイアイアイアイ。 http://t.co/6fltyHrs RT @moriwakakaori: 何気にブログ連日更新してますL(・∇・)」 http://t.co/T9rnarBn 22:00:40, 2012-05-07
  • 柚のつぼみがふくらんできた。 新宿区 快晴時々曇り 16° RealFeel 14° 風向: 北 風速: 15… http://t.co/r4GtKHMA 06:40:42, 2012-05-08
  • 最近、twitterからの「フォローされました」通知が来たり来なかったりだったことを知る。不義理してたら済みません。なじってください。 13:42:56, 2012-05-08
  • ご乱心!? と思ったが、やはり「鼻の穴リスト」ってとこが、とみさわさんであった。 RT @excite_review: みんな勝間和代さんのことを誤解している! 惚れた! 勝間和代の徹底自分本『「有名になる」ということ』 http://t.co/kpJAXqop 13:53:53, 2012-05-08
  • ということはほかのひとも書いてた。 13:54:24, 2012-05-08
  • Windows用語の「フォントの縁を滑らかにする」を「フォントの緑を滑らかにする」だと思っていたことがある。RGBのGだけを滑らかにするというのはどういう意味なのかさっぱりわからなかったが、むかしのモニタは解像度が低くてドットがよく見えたので、なんとなく納得したのであった。 16:03:23, 2012-05-08
  • もうタイ・フェスティヴァルの時季。 http://t.co/uKGsgV8u ことしは謎のウクレレ少女も出演するらしい。弾いてるわけじゃないようだが。 http://t.co/8f1OzO26 23:11:55, 2012-05-08
  • J-POP的売り出しでダメにされるシンガーもいますからね。現地語がいちばん。ただ、コロムビアならほのぼのしそうな気も(笑)。 RT : こういう人は日本語で歌わせないほうがいいような気がします。いえ好みの問題じゃなくて。 http://t.co/8f1OzO26 23:27:31, 2012-05-08
  • 確かにタイ語のほうがいいかも。 http://t.co/eH7xf8c2 ?23:35:51, 2012-05-08
  • きょうは真っ白。コーヒー落ちた。さて西へ。 新宿区 曇り 18° RealFeel 16° 風向: 東南 風速: 9… http://t.co/9Z0KLBmv 05:53:17, 2012-05-09
  • ほんとだった。 http://t.co/j40g8bqp RT @hitoqui_ponko: 原発を竜巻が襲う「アトミックツイスター」という映画もあることをわたしから皆さんにお知らせしておきます。 06:44:24, 2012-05-09
  • RT @hirasawamiga: 『来なかった近未来』の早期購入特典として平沢進が制作した起動音のアウトテイク「Eastern Boot」が同梱されるのは5月9日まで。ご購入済みの方もDLはお早めに。銀行振込の方はお早めにご入金を。 http://t.co/uxhhWFcX 09:29:22, 2012-05-09
  • 東横線、凍死しそう。 09:47:15, 2012-05-09
  • きょうも白い。 新宿区 快晴時々曇り 16° RealFeel 14° 風向: 北 風速: 15 km/h 湿度:… http://t.co/Vhcm8pqG 05:48:13, 2012-05-10
  • 睡蓮の葉っぱは広がってきたが、親メダカが1匹死亡。… http://t.co/v1Fuehl9 06:57:19, 2012-05-10
  • 晴れてきたけど意外と涼しい、というか肌寒い。 08:15:38, 2012-05-10
  • 颱風か。いや雷鳴が。 13:57:50, 2012-05-10
  • 嘘みたいに晴れた。 http://t.co/ZnDmmJdX 17:56:54, 2012-05-10
  • もう朝焼けには間に合わなくなる。 日本語 快晴時々曇り 14° RealFeel 10° 風向: 北西 風速: 24… http://t.co/ULje2nPh 05:10:55, 2012-05-11
  • インド音楽にぽこぽこ言われながらマサラ・ティ。 13:46:58, 2012-05-11
  • 来ないな。///2012/05/11 23:18:48頃、千葉県東方沖の深さ10kmでM4.2の地震が発生しました。予想される最大震度は震度3です。 http://t.co/9XmwyETI #NamazuAlert 23:20:07, 2012-05-11
  • 「だけど、ちょっと待て!」という歌詞じゃないような歌詞のパンタ声が脳内に木霊している。なにを待つというのだ。 00:15:16, 2012-05-12
  • 「下一歩」ってなんだよ、まったく。 01:10:08, 2012-05-12
  • きょうも少しひんやり。 新宿区 快晴時々曇り 14° RealFeel 10° 風向: 北 風速: 22 km/h… http://t.co/gsFuvn96 06:13:08, 2012-05-12
  • 暑いんだか寒いんだかよくわからない日だがとりあえず髪を切ってみた。 11:26:29, 2012-05-12
  • 髪を切ったと書くといつも例の曲が脳内再生されるので、誰かもっと強力な髪切りソングを作って上書きしていただきたい。 11:34:14, 2012-05-12
  • 恥ずかしながら、八角と矢柄を初めて握りで食べたが、美味しいものなのだな。 16:39:33, 2012-05-12
  • 味も素っ気もない意味不明な長芋を塩糀の魔法で美味しくしてみた。 20:23:44, 2012-05-12
  • すっきりと焼けた。下弦。 新宿区 晴れ 12° RealFeel 9° 風向: 北 風速: 20 km/h 湿度:… http://t.co/xsbzaswN 05:07:27, 2012-05-13
  • タイ・フェスティヴァルは行けない予感。あー残念だ。 http://t.co/WmEVilQS 07:52:20, 2012-05-13
  • 睡蓮鉢は藻の繁殖が著しいので掃除しようとしたら卵が産みつけられていた。親メダカは1匹を残すのみなので、よく見るとまだ抱卵している。先日死んだ1匹の忘れ形見(大袈裟)だったのだろう。柚は花が開いた。 http://t.co/GwcXirmQ 12:05:22, 2012-05-13
  • なぜだかジャイアンツ以外の日本のプロ野球チームをマスコミは企業名で呼ぶ習慣がある(理由はむかしきいたけど忘れた)。新聞・TVなど閉じたメディアにおいてはそれでいいのかもしれないが、ニュース系のtweetがいい例で、ネットにおいては情報ノイズでしかないのでやめていただきたい。 18:28:01, 2012-05-13
  • たとえば「ソフトバンクが…」というフレイズを見て、ネットか電話の話かと思ってよく読むと野球だったりすると、野球に興味がない人間にとっては騙されたようで、すごく無駄な数秒のように感じてしまう。企業名はよく変わるようだし、ホークスだのなんだのと呼んだほうが無駄がないように思うだが。 18:28:37, 2012-05-13
  • PCで待ち時間が発生することやってると余計なtweetが増えるの法則。 18:44:10, 2012-05-13
  • 『来なかった近未来』の第2版(誤記修正が主で内容には変更なし)を作成中なのだが、電子書籍だから作業がラクってことはなく、DTPでの修正作業自体は紙の書籍とあまり変わらない。ただ、電子書籍のいいところは修正版の配布が簡単だってことだなあ、当たり前だけど。 18:52:56, 2012-05-13
  • 紙の本は法的に問題になるほど重大な誤記もしくは乱丁でもない限り修正版との交換なんてやらないし、やれない。だからこそ校正・校閲が重要になる。かといって、Webや電子書籍の校正が手抜きでいいというわけではまったくないのだけど、特にWebは一般的にそうした傾向があることは否定できない。 18:57:49, 2012-05-13
  • Android用Adobe Readerは2012/04/10版からリンク機能が使えるようになっていたようだ。『来なかった近未来』発売の翌日にリリースされていたのか。ぬかった。 http://t.co/zUnbKnYd http://t.co/jbCHtpJU 20:31:28, 2012-05-13
  • iPhone用もリンク対応になってた。 http://t.co/kppnzYFd RT @takasiko: Android用Adobe Readerは2012/04/10版からリンク機能が使えるようになっていたようだ。『来なかった近未来』発売の翌日にリリースされていたのか。 20:51:29, 2012-05-13
  • 気がついたら1歩も外へ出ていない1日だった。 22:07:11, 2012-05-13

Twitter Weekly Updates for 2012-05-06

発掘原稿: Limbo-54 への道 (16)

2003年11月ころ、FAMIGA投稿用に書いたインタラクティヴ・ライヴ「Limbo-54」とAMIGAの仕込みに関する発掘原稿です。
2002年3月に始まった仕込みのことから書きはじめ、ようやく2003年4月・5月のライヴ本番の話まで書き終わりました。
発掘原稿はこれで最後です。


Interactive Live 2003 への道 — その16 そうは問屋が卸さなかった篇

●アクシデントその2

5月4日・東京公演初日、PowerTowerA4000が激不調となりました。
アニメーションが同じ箇所をいったりきたりするなどの怪現象が起き、特にオープニングとエンディングという重要な箇所のの演出にかなりひびきました。
初めて見る人は「こういう演出なのかな」と思っていたようですが、大阪公演を見た人にはしっかり気づかれました。
なんとかこの日のコンサートはなんとか乗り切ったのですが、明日の最終日にはこのような事態をなんとか回避しなくてはなりません。
シリアスなはずの場面で笑いをとっちゃいかんのです。

そのため5月5日はリハーサル前にAmigaのチェックです。
原因のひとつはグラフィック・カードのグラつきだろうということで工作活動が得意なサウンド・エンジニアの鎮z氏に手伝っていただき、しっかりカードを固定しました。

また、いざという時のためにHighFlyerA4000もスタンバイさせ、昨日までのデータをコピーしたりせねばなりません。
スウィッチ・オン!! ……起動しません。
またかよ。
しかし、こいつをメンテナンスしている時間はなさそうです。
HighFlyerは諦めて本番に臨むことにいました。

幸いグラフィック・カードののメンテナンスが功を奏したのか本番ではPowerTowerA4000が問題なく稼働。
コンサートは大団円を迎えることができました。

●その後のA1200HD/30

ライヴも無事終了し、ステージで使用されたAmigaはメンテナンスのため
いったんわたしの事務所へと運ばれてきました。

死亡かと思われていたA1200HD/030は、問題なく起動しました。
仮死だったようです。
ただ、よく見るとちゃんとケース(筐体)はしまっていないわ、FDDは固定ネジが外れてヘンな位置にずれているためディスクの出し入れできないわ、といった状態なので、分解してチェックすることに。
ケースは汚れもひどいのでまずは水洗い(笑)。ネジ穴が壊れている箇所はエポキシで補修。足りないネジ類を補完し、組み立て直しました。

●その後のPowerTowerA4000

こちらも分解、チェック、再組み立てしました。
移動中の衝撃か、ライヴ中の振動か、ネジがいくつも外れていました。
また、ライヴ最終日に会場でメンテナンスした際、CPUとグラフィックカードのクーリング・ファンに電源ケーブルをつなぐのを忘れていたことも発覚。
本番中に熱暴走しなくてよかったです。
ニッカド電池は念のためニッケル水素電池に交換しておきました。

ついでにサウンドカードも挿してみましたが、どうにも音が鳴りません。
動作確認リストと照合し、チップの型番までチェックして買ったカードなので適合するはずですし、Prefsではカード自体は認識しているようなのですが、いかんせん鳴りません。謎です。
しかし、これは平沢さんのメイン・マシンなので早急に筑波のスタジオへ返す必要があます。
サウンド・カードについてはペンディングのまま、PowerTowerA4000は5月20日、筑波へと戻っていきました。

●その後のA4000/040(D)

しばらくほうっておいたのですが、7月にオークションでドイツからよさげなマザーボードを安価でゲット。
昨年の失敗は繰り返すことなく、非常にクリーンなよいマザーボードで、バッテリもニッケル水素に交換してありました。
売り主はメイルのやりとりから根っからのアミーガンであることがうかがえましたが、根はいかにも「律儀なドイツ人」といった感じです。

WarpEngineを装着した場合に起動まで異様に時間がかかる理由も判明しました。
ハードディスクをつないでいないのにWarpEngineのSCSIをAutoBootに設定しているといつまでもSCSI器機を探してしまうようです。
WarpEngineのSCSIコントローラとA4000のマザーボード上のIDEコントローラが競合してしまうのかもしれません。
A2000のようにマザーボード上にディスクコントローラがない機種でもSCSIカードを複数挿し、AutoBootに設定していると同様の現象が起きます。
「理由も判明」といっておきながらちっとも判明はしてないのですが(笑)。
WarpEngineのAutoBootをオフにしておくと問題なのでよしとしたました。

ところで、わたしの許へやってきたマザーボードは昨年からこれで通算何枚目になるのでしょう(笑)。
どうやらマザーボード6号にあたるようですね。
このA4000にもCD-ROMや内蔵スキャンダブラ/フリッカフィクサなんぞも取り付け、システムも整備し、いっちょまえになりました。

●その後のHighFlyerA4000

このHighFlyerはどうにもこうにもたたられているようで、ライヴ後もPAR用ハードディスクが死亡するなど多くのトラブルに見舞われました。
急いでなかったとはいえメンテナンスが終了したのは8月も末になってからです。

起動したりしなかったりする原因はIDEケーブルの断線のようでした。
CD-ROMドライヴと電源の間にぎっちり挟まれていたのが悪かったのか、それとも安物を使ってしまったのが悪かったのか。
IDEケーブルの曲がり方によって起動したりしなかったりすることが判明したのです。
IDEコントローラも疑ったのですが、そうじゃなくてよかったです。
起動するしないのほかの挙動不審の原因もこれにあったのかもしれません。
ケーブルを新調することで、問題は起きなくなりました。
ずいぶん昔、PCの専門家に「ケーブルは安物を使ってはいけない」と言われたことがありますが、その通りだったようです。
素人はドライヴなどに金をかけるくせにケーブルなどはついケチりがちですからね。

その後、電源の改良も施しました。
詳しくは9番会議室「コモドールアミーガを噛め」に書きましたが、HighFlyerは無駄に2個も電源ついているので、A4000本来の電源を外しPC電源に一本化したわけです。
本来の「棒で押すスウィッチ」は取り外し、形状の似たスウィッチを削ったりパテで埋めたりしてはめこみました(笑)。
ただ、たまに電源が入らないことがあるのが困りものです。
マザーボードから電源コネクタ抜いてスウィッチをオンオフすると直ったりするのですが、これはPowerTowerでも見られた現象です。
ATX電源をATに変換しているせいかもしれません。
素人の予想としては、PowerGoodに適正な電流が流れていないのではないかと考えています。

●さらにその後のA4000/040(D)

コンポジット出力機器でTVモニタに出力するとモノクロになったり、どうもげせない部分がありました。
周辺機器のほうが悪いのかとも思いましたが、違ったようです。

このA4000に搭載されているマザーボードはドイツから買った中古品で、つまりもともとはPAL環境で使われていたもの。
ですからもちろん、日本で使うにあたっては、ジャンパJ212をNTSCにセッティングしております。

わたしはそれだけでよいと思っていたのですが、ダメだったんですね。
PAL用の28.375156MHzのクリスタル(水晶発振子)をNTSC用の28.63636MHzにつけかえなくてはいけないんですね。
幸い、A4000のクリスタルはソケットタイプで付け替えは簡単ですし、死んだNTSCマザーボードが手許に残っていたので、そのクリスタルを外して使いました。
というわけで、ヴェテラン・ユーザには常識なのでしょうが、備忘録がわりにここに記しておきます。

さて、朝起きて顔洗って歯を磨いてご飯を食べました〜という小学生の作文のようにだらだらと書き綴ってきましたが、特にこれといったオチもなく、
1年間の記録はこれにて終了。
いよいよ明日(2003年11月26日)にはDVD『INTERACTIVE LIVE SHOW 2003 LIMBO-54』がリリースされます。
通販のみの販売ですので、ご興味がある方は下記までどうぞ。

ブックレットには三吉さんの文章も掲載されたりしています。
「FAMIGA (@nifty Amiga Forum) インタラクティブ・ライブ要素技術支援プロジェクト」という実はたいへん正式名称が長いプロジェクトの成果の一端を垣間見ることができるでしょう。

長々とおつきあいいただきありがとうございました。

LIMBO-54
『Interactive Live Show 2003 LIMBO-54』 2003年11月26日発売 ケイオスユニオン(TESLAKITE) CHTE-0026

発掘原稿: Limbo-54 への道 (15)

2003年11月ころ、FAMIGA投稿用に書いたインタラクティヴ・ライヴ「Limbo-54」とAMIGAの仕込みに関する発掘原稿です。
2002年3月に始まった仕込みのことから書きはじめ、ようやく2003年4月のライヴ本番の話に至ったようです。
本文のあとにA1200についての解説を『来なかった近未来』から引用しておきます。

文中に出てくる山田さんは、紗幕への映像投映があるためライティングが非常に難しいインタラクティヴ・ライヴの照明チーフで、平沢さんもたいへん信頼している照明デザイナーでした。
しかし、残念ながらこのライヴの2年後、2005年に49歳の若さで急逝。「LIMBO-54」は彼が携わった最後の平沢ライヴとなったのです。


Interactive Live 2003 への道 — その15 Limbo-54篇

4月18日〜21日、リハーサルが行われ、あとは微調整を残すのみとなりました。
これまでのインタラクティヴ・ライヴと比べ、仕込みはかなり順調なほうと聞きました。
リハーサルにほとんどの動画素材が揃っていることからして快挙らしいです。

支援プロジェクトで行っている在宅オーディエンス向けのシステムやポータルサイトの準備も前回に比べてかなり早くから整っていたと思います。
もちろん順調とはいえ、そこには多くの試行錯誤とドラマがあったわけで、その舞台裏について書こうと思うと、これまで書いた文章と同じくらいの分量はいってしまいそうです。
ほんと支援プロジェクトのメンバの活躍には頭が下がります。

さて、リハーサル後、PowerTowerA4000は最終調整のため東京に残り、かわりにHighFlyerA4000が筑波のスタジオへ送られました。
しかし、筑波に着いたHighFlyerが動かない(笑)。いえ、笑いごとじゃありません。
平沢さんは本番までにまだAmigaを使う作業が残っているので動いてくれないと困るのです。
結局、HighFlyerA4000は東京へ返送され、入れ替わりにPowerTowerA4000が筑波へ戻っていきました。
PowerTowerA4000は不安要素があったので、本番前に分解して調査する予定だったのですが、不安要素を抱えたまま本番に臨むこととなりました。
あとは現場でPowerTowerがダウンしないことを祈るのみです。

HighFlyerはアクセラレータを固定しているネジを絞めつけると動くようになりましたが、果たしてそれが真の原因かどうかはわかりません。
容量が大きいせいか、たまにハードディスクを認識しないことがあります。
ダメな場合でも再起動するとたいてい認識しますが、どうなんでしょう。
Amigaではよくあるコールド・ブートでダメでもウォーム・ブートでなんとかなるというやつでしょうか。
不安要素を残したままHighFlyerは最初の会場の大阪へ向け搬出されていきました。
不安要素のないA4000Tもあるので、ま、なんとかなるでしょう。

前回で紹介したコンピュータのうち本番でわたしが操作・管理するのは以下の4台。

○Amiga-2(A4000T/060)
[光の軌跡]用

○Amiga-3(A1200HD/030)
[PhononGrabber]用

○PC/AT-1(ブックPC/Celeron700MHz)
静止画配信/テキスト配信/Web監視

○PC/AT-2(タワー/Athlon1.8GHz)
DANCERハンドル一覧/音声配信/LIMBO-SCOPE動画配信用

といっても、2台のAmigaは常時動いているわけではなく、イヴェント用です。
また、AT機のうち1台は共同で管理しているので、常時ひとりで使っているコンピュータはAT機1台のみです。
それでもDANCERとチャットしていると、ついステージの進行を忘れたりして(笑)。
もちろん、チャットといっても息抜きしているのではなく、今回のライヴにおいては非常に重要な要素で、真剣なんですけどね。

「DANCERハンドル一覧」では会場スクリーンにAwebの画面をどーんと出したかったのですが、日本語フォントの問題などがあり、AT機でやることになりました。
わたしはふだんLinuxを使っているので、Linuxでやろうと思ったのですが、PeerCastによるMP3ストリーミングがWinAMPでしかできなかたっり、静止画配信用のキャプチャ器機がWin用ドライバしかなかったりで結局、Windowsでやることになってしまいました。
ま、そんなに意地になることもないですけど、ふだん使い慣れたOSを使いたいのが人情ってもんじゃないですか(笑)。

というわけで、いよいよ本番。
平沢さんの「Interactive Live Show 2003 LIMBO-54」は4月28日・29日に大阪・なんばHatchで、5月4日・5日に東京・メルパルクホール(東京郵便貯金ホール)で開催されました。

●アクシデントその1

4月28日・初日、本番直前のハーサル中になんとA1200HD/030が壊れてしまいました。
いえ、正確に言えばわたしが壊したのです。
電源を入れたままうっかりモニタ・ケーブルを抜いてしまい起動しなくなりました。
後日、これは一時的なダウンで死んでいないことがわかりましたが、この時はうんともすんとも言わないので予備のA1200HD/040に切り替えることにしました。
「予備」といっても、これは照明スタッフの山田さんからお借りしているマシンです。
照明スタッフにたまたまAmigaユーザがいるというのもレアな現象ですが、この1200もエンブレムに「A1200HD/40」と書いてあるなかなかレアなシロモノです。
この「40」は「040アクセラレータ搭載」のことかと思いきや「40MBハードディスク搭載」の意味だったのですな。

急いでPhononGrabberの仕込みをし直し、マウス・ポインタのカスタマイズだけ平沢さんにお願いしました。
PhononGrabberでは、マウス・ポインタがデフォルトの矢印では雰囲気が出ないので、平沢さんが作ったスコープの照準のような十文字のポインタを使っているのです。
(にしてもアイコンやポインタをカスタマイズするソフトが標準で搭載されてるOSってAmigaくらいじゃないでしょうか)
リハーサル時、スタッフに向かって「みなさん、ショウの始まりです」とかなんとかマイクを通して呼びかけたかと思うと、おもむろに会場のスクリーンに投影された巨大Workbenchの画面上ですらすらとお絵かきするようにポインタを作っていく平沢さんが妙にカッコよかったです。
こんなミュージシャン…いないよなぁ。

しかし、このA1200HD/040がまたクセモノだったのです。
なんと、本番中、PhononGrabberの出番の直前にダウン。
再起動をかけているうちになんとか起動するようになりましたが、少し出遅れてしまい、もう焦りまくりです。

ライヴ終了後にチェックしたところ、熱暴走であることが判明しました。
040にもかかわらず、クーリングファンなしじゃキツいですよね。
ただ、このA1200は前回のライヴでもPhononGrabber用に使われたマシンなそうです。
たぶん出番の直前に電源を入れればまだよかったのでしょうが、リハーサル時からずっと電源を入れっぱなしでスタンバイさせておいたのが悪かったのでしょう。

台をかましてA1200本体を浮かせたうえ、トラップドアを開けっ放しにして、熱を逃がすというA1200熱対策の常套手段を執ることにしました。
チルトというかリフトにするのになにかいいものはないかとステージや楽屋をうろうろ。
ふと扉が開いた楽屋のロッカー目をやると、ハンガーかけ用ポールがよさげに見えます。ポールの長さはちょうど1200の奥行きくらいの長さ。
2本のポールをA1200の底面両サイドにそれぞれガムテープで貼り付けるとまるで「1200の脚」としてあつらえたようにぴったりじゃありませんか。
翌日のライヴではまったく問題なく稼働しました。

まだ東京公演がありますが、かといって大阪の楽屋の備品を持ち帰るわけにはいかず、東京ではまた別になにかを用意したはずなんですが…いったいなにを使ったのかは忘れてしまいました(笑)。

次回は、とうとうPowerTowerA4000がキちゃいます。


『来なかった近未来』より

AMIGA1200 (A1200)

リリース: 1992年
MPU: MC68EC020(14Mhz)
チップセット: AGA
Kickstart: 3.0
拡張スロット: PCMCIA-compatible connector
CPU Expansion slot (Trapdoor)
Chip RAM: 2MB
Fast RAM: none

新世代チップセットAGA搭載のキーボード一体型。
AMIGA2000に対するAMIGA500のように、基本性能は同じAMIGA4000をコンパクトにダウン・グレイドし、ビギナーやゲームユーザを狙った。
本体底面トラップドア内の拡張スロットは、メモリだけでなく、アクセラレータも搭載可能で、サードパーティからはMC68060アクセラレータやPowerPCアクセラレータ、タワー化するためのケースやボードまで販売され、拡張次第でA4000に匹敵するマシンに改造することができた。
同シリーズにハードディスク搭載モデルのA1200HDなどがある。
なお、Commodore倒産後に Amiga Technologies からリリースされたAMIGA1200は、ロゴとマザーボードのリヴィジョンが異なり、Kickstartはバグフィックスされた3.1が搭載されていた。

A1200
A1200